テレコイルと2チャンネルWDRCによるデジタル補聴器BTE

今すぐチャット
制品の詳細

新しいデジタル補聴器、テレコイルと2チャンネルWDRC、 完全デジタル信号処理 ケースには、電子機器、コントロール、バッテリー、マイク、およびしばしばラウドスピーカーが含まれています。

 


モデル:G-26-M
特徴:

●完全デジタル信号処理

●周波数200Hz〜5000Hz

●調整可能な音量ボタン

●トリマーMOP / NHスイッチャー

●2チャンネルWDRC

●マイクロホンのノイズリダクション

●低周波ゲイン調整(Hトリマー)

●全体的な出力調整(Pトリマー)

●低バッテリ警告インジケータ

●3プログラムモード(+ Tコイル)

●亜鉛空気電池A13

アナログ、デジタル補聴器、充電式補聴器、聴力計、ITE、CTCモデル

 

仕様:

ANSI S3.22-2003のパラメータ

プログラムデジタルBTE補聴器

モデル番号。

G-26-M

最大OSPL 90(dB)

135dB

HF平均OSPL 90(dB)

130dB

ピークゲイン(dB)

62dB

HAF / FOGゲイン(dB)

55dB

周波数範囲

200Hz〜5000Hz

トリマー

2(MPO&H)

ねじれ

500Hz:2.0%

800Hz:1.5%

1600Hz:1.3%

バッテリ電流

<>

バッテリーサイズ

Zinc Air A13、1ヶ月間働いています

等価入力ノイズレベル

<25 db="">

誘導コイルの感度 (10mA / M時)

最低85 dB

物理的なボタン

プログラムボタン

ノーマル/ノイズリダクションモード/テレコイル

トリマー

NH(ノイズ低減のためのノイズリダクション)

P(より良い音を得るために調整)

チューンボタン

調整可能なサウンド

難聴の場合

中程度/重度

証明書が承認されました

CE、ROHS、FCC、FDA

 

 


引き合い